愛犬が嘔吐をした!原因や対処法とは?

犬と暮らしていると様々な問題に突き当たることがあります。その中でも引き起こされる症状として多いのが「嘔吐」です。嘔吐の症状は消化器疾患だけでなく、ストレス、感染症、異物など様々な病気が考えられます。
 ここでは、犬が嘔吐をしたときに考えられる原因や対処法、動物病院に行くタイミング、嘔吐をしたときの治療方法などについてご紹介します。

嘔吐をしたときに考えられる原因とは?

 犬が嘔吐をしたときに考えられる原因は、「空腹」、「消化器疾患」、「腎臓・肝臓などの疾患」、「ストレス」、「感染症」、「異物」などが考えられます。
 犬は空腹でも嘔吐することがあります。食事を長い時間食べていない場合などに黄色い胃液や泡などを吐きます。空腹での嘔吐は元気食欲は問題なく、食事を与えても吐き戻しすることは少ないです。
 消化器疾患では嘔吐だけでなく下痢も引き起こします。胃炎、腸炎、胃腸炎、膵炎などで引き起こされます。腎臓や肝臓などの病気が進行した際にも嘔吐の症状が見られます。胃炎や腸炎などで消化器に原因がある場合は胃や腸の治療を行えば回復することもありますが、他の臓器の疾患からの嘔吐の場合はなんの病気が原因で引き起こされているのか突き止めて治療を行う必要があります。
 ストレスが原因の場合は犬のストレスの原因となっているのは「なにか」を突き止めます。犬は運動量が減少した場合や生活環境の変化などによりストレスを感じます。引っ越しや同居犬が増えるなどの環境の変化はないかどうか確認しましょう。
 感染症が原因の場合は、犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、コロナウイルス感染症、レプトスピラ感染症などが考えられます。感染症は子犬や老犬などの免疫力が低い犬は重症化することがありできるだけ早い治療が必要になります。特に、犬パルボウイルス感染症や犬ジステンパーウイルス感染症は発症すると死亡率の高い感染症です。
 感染症はワクチン接種で感染を予防もしくは発症時の症状を軽くすることができます。犬を飼育し始めてからは1年に1度ワクチン接種をしましょう。
感染症が原因の場合は他の同居犬などにも感染する可能性がありますので、徹底的な環境の清掃が必要です。

 異物が原因の場合は注意が必要です。異物は何を食べたのか、いつ食べたのかが重要です。何を食べたのかにより吐かせる処置を行うか、手術を行う必要があるのか調べる必要があります。食べたのが1,2時間前であれば吐かせる処置を行うこともありますが、時間が経ってしまいなんの処置を行うこともできないこともあります。異物は消化をすることができないものを食べたとき、大量の異物を食べたときは開腹手術や内視鏡を使用して異物を除去することあります。異物が原因で腸閉塞や腸重積を引き起こす可能性があります。腸閉塞や腸重積になると激しく嘔吐を繰り返し、腸が壊死し命に関わることがあります。さらに誤って尖っているものを食べた場合は腸を傷つけてしまう可能性もあります。
 

嘔吐をしたときの自宅での対処法は?

 犬が嘔吐をしたときにできる自宅での対処法は「絶食絶水」、「休息」です。嘔吐は胃や腸などの消化器が何らかの原因により炎症などを引き起こしている可能性があります。そのため、絶食絶水をすることで胃や腸を休ませることができ、休息を取ることで炎症を直し回復を促すことができます。
 嘔吐を繰り返しているからといって水分を摂取させようとすると逆に嘔吐を促すことにも繋がりますので、注意しましょう。
 絶食絶水や休息を取り入れても嘔吐を何度も繰り返していたり、犬がぐったりしている場合は出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。

動物病院に行くタイミングは?

 犬が嘔吐をしているときに困るのが動物病院に行くタイミングです。犬は空腹など健康状態に問題なくても吐くことがあります。空腹であれば食事回数や与える時間を変更するなどを行うことで改善することができます。
 動物病院を行くタイミングは、2,3回続けて嘔吐している、犬がぐったりしている、元気がないなどの犬の体調の変化などがあればすぐに受診しましょう。元気でも何度も吐いている、食事を食べてもそのまま吐いてしまう、お腹を痛がる、犬の様子がいつもと違うと感じる場合でも動物病院を受診したほうがいいでしょう。
 一度しか嘔吐していなくても、犬の様子がいつもと違う、なにか気になるのであればやはり動物病院を受診しましょう。
 嘔吐の原因が膵炎であれば、早期発見早期治療が重要になるため、元気であっても重大な病気であることもあります。様子を見てしまい、動物病院の診療時間外となる方が連絡を取り診察してもらうことが大変になってしまいますので、動物病院の診療時間外の対応や夜間診療を行っている動物病院などを探しておくといいかもしれません。

嘔吐をしたときの治療方法は?

 犬が嘔吐をしたとき、自宅での絶食絶水や休息を取ることで治ることもありますが、嘔吐が改善されないのであれば脱水症状を引き起こすこともありますので動物病院での治療が必要になります。
 嘔吐が続く場合は動物病院でも絶食絶水を行います。さらに、なぜ嘔吐をしているのか調べるために血液検査やレントゲン検査などを行います。
 消化器疾患や他の臓器疾患により引き起こされているのであれば、病気の治療を行います。血管に直接点滴をながし、脱水を予防することもあります。
 嘔吐をしたときの治療法は原因により治療法が事になりますが、入院生活が1、2週間と長引くこともあります。

さいごに

 ここでは愛犬が嘔吐をしたときに考えられる原因や対処法、動物病院に行くタイミング、嘔吐をしたときの治療方法などについてご紹介しました。
 犬が吐く原因には空腹やストレスなど健康上に問題のない場合や消化器疾患、他の臓器疾患、異物など症状が悪化する場合があります。1,2回吐いてその時は元気でも急に元気が無くなる場合がありますので、吐いた際は犬の様子を観察し、犬のお腹を軽く触り痛がったりしないか確認しましょう。
 犬の様子がいつもと違う、なにか変だなと感じた場合は出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA